ネタバレ注意!『死役所』6巻 作家/あずみきし 彫刻さん1-3 63話

ネタバレ注意!『死役所』6巻 作家/あずみきし  彫刻さん1-3 63話

『死役所』6巻   彫刻さん1-3 63話

30代ホームレスは公務員には分からねえだろ
一回堕ちたら這い上がるのも大変なんだよと話す。
俺は諦めてるけどな(^^)笑
広本は謝り自分の考えが甘かったことに反省をします。
申し訳ありませんでしたと言い帰る事にした広本。
すると彫刻はちょっとっと話しかけて来ます。
彫刻は自分の行って来たコトの報いなんですと話します。
彫刻は元は人事部に居て人のクビ切りをして居た側だったんですと話す。
続けさせてください。家建てたばかりなのでクビだけは勘弁!
恨んでやる。恨んでやる。
色んな事を言われ彫刻自身を恨んでる人は多いと思うんですと話す彫刻。
因果応報。いい気味だ!と思われてると思うんです。
それを聞き広本はどうしようもない感情になりました。

市役所 河川課

市役所の河川課に戻った広本はため息を吐きながらパソコン作業をします。
すると上司からお前こないだ1人でホームレスに の所に行っただろ!苦情がきたぞ!と言われます。
苦情の内容は
市役所の人間がホームレスと楽しそうに話してた。
それを聞いて広本はなんで?と思います。
上司は苦情主はきっとホームレスはゴミだからゴミと話す役所の人間がゴミの存在を認めたように感じるんだろうと話す。
広本は何なんですか!!!と怒鳴り
彫刻さんはどんな思いでホームレスやってるかなんて知らないくせに!と怒ります。
そりゃそうだ!!(^^)
上司は俺じゃない!苦情主がだよ!まず一般的にホームレスは怠け者で汚いイメージがあるだろと話す
皆んなが同情するとも限らないんだよ。と釘をさします。

広本はまた彫刻の元へ向かって居ました。

するとビニールのテントの中から石の削っている音が聞こえます。
きっとお地蔵さんを作ってるんだなと思います。
広本はホームレスはゴミ!怠け者で汚いなどの上司に言われた言葉を思い出し
ぷっちーーん
と何かが切れ彫刻さんを呼びます。
広本は頑張ります!上司と話してどうにか支援できないか頑張りますから彫刻さん!と話します。
ただの職員でも頑張っても見返りないかもだけど…頑張ってみないと変わらないから!!
と言い残し広本は去っていきます。
広本は彫刻さんの腕は何かに使えないだろうか?など考え絶対何か社会復帰できるものがあるはず!!と考えます。

一方彫刻さんは

彫刻さんは彫刻を掘っていると広本の熱心な言葉を思い出して
駄目駄目、あんな人を見たら希望をもってしまう…
自分は沢山人を苦しめてきた人間なのに…
と悲しげな表情で彫刻を掘っていきます
つづく

[まとめ買い] 死役所(バンチコミックス)

ネタバレ注意!『死役所』6巻 作家/あずみきし  彫刻さん2-1 63話

漫画の続きはここから見れますよ♪                                                                                                                                          

ランキング参加しています。

よかったらポチッとお願いいたします。
                                                                            
     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク